周囲が山にかこまれた盆地にある上杉十五万石の城下町、米沢は、山から湧き出る豊富な水と良質な米に恵まれております。

雪国米沢の身も凍る厳寒期に、寒造りの低温長期発酵によって手造りの美酒が誕生します。

『東光』の名で知られる小嶋総本店は、慶長2年(1597年)創業の米沢藩上杉家御用酒屋であり、江戸時代頻繁に「禁酒令」が出された中でも、酒造りを許されていた数少ない造り酒屋のひとつといわれております。 (当時米は非常に貴重品であり、飢饉のたびに禁酒令が出されました)

現在まで400余年の歴史を有し、この地に23代の長きに亘って、酒造り一筋に参りました。

この資料館は、 昭和59年4月、みちのくの造り酒屋を見学していただくために、古い酒蔵を原形を保ちながら復元したものです。

1,200坪の敷地に500坪の建物を有し、中でも東北一の広さといわれる1棟140坪の大きな土蔵には昔ながらの造り酒屋の様子と酒造りの道具などを展示いたしております。

昔人の暮らしを知るうえでも興味深い『東光の酒蔵』。昼なお暗い蔵の中でひんやりとした空気に触れたとき、柱の傷が、格子戸が、そして酒樽が、往時の物語を語りはじめます。


酒造資料館 東光の酒蔵
住所:〒992-0031 山形県米沢市大町二丁目 3-22(柳町上通り)
TEL 0238(21)6601 / FAX0238(24)0408 / フリーダイヤル 0120(27)6601
開館時間:午前9時から午後4時30分まで
館長:小嶋彌左衛門
酒造資料館 東光の酒蔵へのご意見・ご質問はこちらまで-->
このページのTOPへ
Copyright(C)2009 Toko-no-Sakagura Ltd. All rights reserved.